IT企業の中国進出を支援!中国ビジネスで成功する企業とは?日本企業のサポート実績多数

中国進出をお考えの企業様へ

IT企業で中国進出の支援を受けたいと考えていないでしょうか?中国市場は多くの業界にとって魅力的なものですが、とりわけIT企業は物流の調整などが必要ないので、中国進出がしやすいといえます。

しかし、中国の商習慣や文化の違い、現地でサポートしてくれる人の不在が原因で、失敗する企業も少なくありません。そこで今回、多くの日本企業の中国進出を支援してきた株式会社K&Lが、成功する企業の特徴と失敗する企業の特徴を紹介していきます。中国進出の成功確率がきっと上がりますので、ぜひ参考になさってください。

中国進出で成功する日本企業の特徴4選!IT企業など変化に早く対応できる企業は強い

ビジネスマンの影とビル

中国進出で成功する日本企業の代表的な特徴は、以下の4つです。

  • トップ層が参画し、決断が早い
  • 現地の商習慣などへの適応力がある
  • Webマーケティングに注力している
  • 現地に明るい人材の登用

それぞれ詳しく解説していきます。

トップ層が参画し、決断が早い

IT企業をはじめとした成功する日本企業は、経営トップ層が参画しているケースが多いです。もちろん、ただ名前が連なっているだけではなく、企業をまとめてすばやく動き、撤退の判断も含めて決断と行動を早くしています。ビジネスが早い中国において、担当者が点で動いている間に、チャンスを逃してしまうのを避けているわけです。

現地の商習慣などへの適応力がある

中国に限りませんが、外国には独特の商習慣や文化があります。中国市場なら、スケールが大きい話が早いサイクルで動いており、流れに乗れるかどうかが重要です。

Webマーケティングに注力している

IT企業を中心に、Webマーケティングに注力している日本企業は、成功しやすい傾向にあります。中国進出にあわせた公式サイトの作成はもちろん、SNSや動画サイトなど、効率的に顧客との接点を作っているのです。特に、中国ではBtoBでもSNSが流行っており、協業によるサポートや求人への応募も期待できます。

現地に明るい人材の登用

ビジネスの3要素といえば、ヒト・モノ・カネですが、中国進出においてヒトの要素は大きいです。現地に明るい人材の登用ができれば、ビジネスの成功率とスピード感が増します。もっとも難易度は高く、人脈を持っている人材もなかなかいません。

対応策としては、すでに中国でのビジネスに成功しており、人脈を持っているサポート会社を利用することです。株式会社K&Lは、実際に中国で事業を営んでおり、日本企業の支援にも実績がありますので、ぜひご連絡ください。

中国ビジネスで失敗する日本企業の特徴3選!サポート人材やフォローすべき知識は?

青空の広がる中国の風景

中国進出で失敗する日本企業の特徴を紹介していきますので、反面教師としてお役立てください。具体的な特徴は以下の3点です。

  • 中国という国への知識がない
  • 日本の常識で戦おうとする
  • 頼る人を間違えている

それぞれ詳しく説明していきましょう。

中国という国への知識がない

先にも紹介したとおり、中国には独自の商習慣や文化があります。何をするにしても国民性や風土を理解しておかないと、話が進みません。もちろん市場について知らないままビジネスを始めても結果が出ませんので、確実に知識をつけるようにしましょう。

日本の常識で戦おうとする

日本の常識のまま戦おうとするのもよくある失敗事例です。日本で海外の物をそのまま持ってきても、必ずしも売れないように、日本人の感覚で「コレは売れる!」と考えても通用しないケースは多々あります。また、中国は国土が広く、地域によって人も様々です。日本の常識そのままで戦うことはやめましょう。

頼る人を間違えている

現地で支援してくれる人を間違えているのも、よくある失敗です。現地の人だからといっても、自社のビジネスの業界に詳しいとは限りません。中国はスケールが大きいので、業界も細分化されています。先に紹介した日本人の常識で大丈夫だろうと思っていると、全く違う畑の人の場合もあるのです。したがって、中国への進出実態に詳しい支援企業などを頼るのがおすすめといえます。

株式会社K&Lは中国でのビジネスで人脈を築いており、普通なら紹介できないような企業や機関もIT企業に紹介できますので、ぜひサポートのお問い合わせをしてください。

中国進出を成功させるための重要ポイントは「中国の今を知ること」

中国進出を成功させるための重要ポイントは、中国の今を知ることです。現状に即していないビジネスは成功しようがありません。現状の一例としては、フォーブス社が発表する「世界の有力企業ランキング」で、中国企業が長年1位と2位を独占していることや業種別に政府の関与度が違うことなどです。

一方で、貧富の差が激しく、成果主義でキャリアアップに意欲的な人が多いなど、ビジネスの成功を左右する要素は多いです。そして、中国はスピード感も早いので、最新の情報を現場で感じ続けている業者の支援を受けるのがおすすめといえます。IT企業で支援を受けるなら、ぜひ株式会社K&Lへお任せください。

日本から中国にビジネスで進出するなら株式会社K&Lに支援をお任せください

中国進出で成功する日本企業の特徴と失敗する特徴、成功するのに重要なポイントを紹介してきましたが、理解は深まったでしょうか?中国進出の成功確率を上げ、利益が出るまでの時間を短縮するには、やはり現地に詳しい人の支援が大きいです。実際に中国で事業を営んでいる株式会社K&Lに、ぜひIT企業をはじめとした日本企業への支援をお任せください。

IT企業で中国進出の支援を受けたい方は日本企業のサポート実績多数の株式会社K&Lへ

関連記事