【中国のモノづくりを学ぼう!】中国版ジョブズが目指す“酷”なモノづくり

中国の現状

china_kamen
弊社では、中国ビジネスツアーを企画・実施しております。 中国ビジネスツアーでは、中国企業様の内部まで潜入することができます。 今回は、中国版スティーブ・ジョブズと呼び声の高い 「雷軍(レイ・ジュン)」氏がCEOを務める小米(XiaoMi)に 企業潜入しました。(当然ですが、普通では入れません…。) 個人的に受けた印象は 「Googleっぽい!」   その理由は… すべり台がある!!! 彼らの製品開発に対する唯一のキーワード   それは… 「酷(Kù;クー)」な製品を作ること です。 「酷(クー)」とは英語でいうところの Cool(カッコいい!)です。 若者がみんなでスマホを持ち寄った際に XiaoMiのスマホが一番カッコいい! そんな製品を作れるよう、日々製品開発に臨んでいます。 あまり詳らかには明かせませんが 以下の点について、企業秘密を話せる部分だけお話いただきました。 ・ファンをどう作るか、どう増やすか、どう捕まえておくか? ・そんなに使わなくても良かったの?広告費用? ・実は、日本の“あの”企業を目指している! ・製品製造過程で、実は〇〇の費用を削っている!? ・日系企業M社が目指すIoTも実現間近?? *ツアーにご参加のお客様は答えを知っています。 まだ発売前の製品について、少しだけバラします。 写真にある新製品のスマホは 裏面が全面セラミックで仕上げられています。 ドリルで削ってもキズ一つ付かない いや、付けられないカッコいい仕上がりとなっています。 唯一キズ付けられるものは ダイヤモンドカッターのみ! 通話時に耳のところに来るスピーカー部分や スマホ画面側のカメラの位置 指紋ロックセンサーの位置 など、使いやすさを追求し良く考えられた設計になっています。 XiaoMiの日本進出も、時間の問題です。 ぜひ“酷(Cool)”な製品を、あなたも手にとってみませんか?                

関連記事