【中国の偽物の実態を知ろう!】中国の偽物はあなたの中にある

中国の現状

China_beijing
中国は最悪な国!空気も水も汚い!ニセモノばかり! そんなイメージでしょう。 中国はご存知の通り、大陸も広く、たくさんの人口を抱える国です。 その人口の多さ故、ビジネスのチャンスを掴もうと 様々な業界の企業が進出をしました。 日系企業も数多く存在し、(中には撤退をした企業もいますが) 概ね成長を続けているかと思います。 ここで少し、北京についてご紹介します。 北京のあれこれは他の投稿でも触れました。 北京は天安門・故宮を中心に環状道路が第6環まで整備されています。 天安門・故宮を第1環とし、実際の道路としては 第2~第6まで整備されています。 この環状道路を四角形のように配置し、 上辺を北2-6環、右辺を東2-6環、 下辺を南2-6環、左辺を西2-6環、 と整備しています。 そして、北京は、橋が多く存在し、タクシーの運転手に行きたい場所を 伝える際には 〇〇橋まで行ってください、という表現を使います。 どこの〇〇橋だ?と聞かれると、北4環の〇〇橋だ、と答えるわけです。 個人的な感覚ですが、第2-4環までは間隔がほぼ同じで、 第4-5環は少し距離があります。 そして、第5-6環はかなりの距離があるイメージです。 さて、冒頭の乱暴な表現に戻りますが、確かに 中国は「最悪な国」で「空気も水も汚い」し「ニセモノばかり」が 出回っています。 実は、ちゃんと理由があるのですが、少しメディアの誇張された報道の影響で オーバーに伝わってしまっている部分もあるのも事実です。 常に中立にニュートラルな立場で中国の現状をお伝えしております。 なぜか? 私の目から見た中国には実は魅力がたくさんあるからです。 ・ビジネスで一山当てたい人 ・大自然にかこまれて生活したい人 ・面倒な人間関係から離れたい人 ・物価の安いところで優雅な生活を送りたい人 少なくとも上記のような人には中国はぴったりです。 特に、「ビジネスで一山当てたい人」はもう少しお付き合いください。 私は職業上、様々な国や地域を飛び回り 様々な人と触れ合い 色々なことを伝えてきましたが そんな私の口から言えることとして、 間違いなく言えることとして、 この3-5年の間に、日中韓の3ヶ国はより一層近い関係に 「ならざるを得なく」なります。 これは、あなたに直接関わることではなく(人によっては直接関わります) あなたのお子様に、あなたのお孫様に関わることです。 メディアによる報道によるフィルターにかかった中国を見るのは もうやめませんか。 いつ解決するかも分からない政治の問題に振り回されるのは もうやめませんか。 過去を忘れてはいけませんが、歴史認識の問題で その一歩を踏み出せない昨日の自分から卒業しませんか。 特に、ビジネスで、実業家として、一山当てたいあなた。 もうすでに中国は、日本の何千歩も前をフェラーリで走っています。 (しかもまだ加速し続けています。) 北京は空気が汚い?PM2.5?それは時期の問題もありますが きれいな青空を見せる事がほとんどです。 中国の技術やものづくりは日本に遠く及ばない? 手先の器用さは負けるかもしれませんが、大体のものは中国製です。 それに、ITの技術においては、日本はボロ負けです。 中国は競争力がない?世界に通用しない? 百聞は一見に如かず。中国の子ども達は土日もほとんどが習い事で 高校生でもたった一人で起業し一山当てようとしている 学生が山ほどいます。 あなたが本当に実業家として、ビジネスオーナーとして、 今後世界に出て行きたいのであれば、そのフィルターを取り除く必要があります。 ニセモノばかり!と思っているあなたの中にこそ ニセモノが存在するのかもしれません。                

関連記事