中国進出支援コンサルサービス 株式会社K&L!中国のSNS事情・ITで成功するには?

中国進出をお考えの企業様へ

中国進出支援サービスの実績豊富!株式会社K&Lは、現地の文化や事業に詳しいスタッフがサポートするから安心!

中国市場はIT企業の発展が目覚ましく、中国進出をお考えの方は今がチャンスです。中には、SNSを活用したサービスを展開したいとお考えの企業様もいらっしゃることでしょう。

しかし、中国はSNSの利用面が厳しく、国内独自のサービスを使用しているのが現状です。SNSサービス系のIT企業の中国進出には、現地の事情や文化について調べておくことが事業成功のポイントとなります。

そこで今回、日本企業の中国進出をサポートしている!株式会社K&Lが、中国のIT企業が躍進した理由やSNSの種類とそれぞれのメリット・デメリットなどを解説していきます。

最後まで読んでいただければ、中国進出するビジネスの成功確率と利益を出すまでのスピードがきっと上がります。

中国のIT企業が躍進した理由を解説!ポイントは国策と優秀な起業家の存在

深圳の高層ビル

中国のIT企業が大きく躍進できた理由は以下の2つといわれています。

  • 国策として計画的に取り組んでいた
  • アウトソーシングで稼げる仕事を引き受けていた

それぞれ具体的に解説していきましょう。なお、中国進出をするには発展の経緯を知るだけでなく、現地の商習慣なども知っておくことが重要です。長年中国で事業を営んでおり、人脈も築いている株式会社K&Lに、ぜひ中国進出の支援サービスについてご相談ください。

国策として計画的に取り組んでいた

中国といえば、5カ年計画を立てることで有名ですが、実は1990年代からIT企業を重要視し、計画に組みこんで支援していました。実際、IT企業を中心とした多くの目標が設定されており、ITインフラが急速に整えられてきた歴史があります。そして、当時は人件費が安く、人材も豊富だったことから、次に紹介するアウトソーシングの仕事を引き受けて、実践的なノウハウも蓄えていったのです。

アウトソーシングで稼げる仕事を引き受けていた

先に紹介したとおり、中国には豊富な人的資源があり、人権費も安かったことから、アメリカや日本などからIT企業の実践的な仕事を請け負っていました。何年にもわたって先進国のIT企業の仕事を続けた中国では、ノウハウが定着し、自分たちで稼ごうという人が出てきます。

もっとも有名なのは、中国のAmazonともいわれるAlibabaの創業者であるジャックマー氏です。ジャックマー氏のような優れた人材が次々とIT企業を盛り上げ、結果として中国はIT先進国となりました。今、中国のインターネットユーザーは7億人を超えているとされます。計り知れない市場規模を誇っており、中国の経済成長を支援している一因なのです。

中国SNSの種類を紹介!SNSを活用したIT事業の中国進出はどれがおすすめ?

海外視察のための準備すべきポイント

中国で使えるSNSは国産かつ国内限定で使えるものが中心です。自国の情報の流出や発展具合を悟られないようにするための措置といわれています。一方でSNSマーケティングは中国進出でも重要ですので、代表的な中国SNSやメリット・デメリットを紹介していきましょう。

もっとも、ただSNSを利用していてもエンゲージメントは得られません。中国進出支援のことなら中国の文化に詳しく、現地で事業も営んでいる株式会社K&Lにぜひお任せください。

Weibo

中国版TwitterともいわれるSNSで、7億人以上のユーザーがいるとされるので、参入しておくメリットは大きいでしょう。ちなみに、ユーザーの男女比は半々で、17歳から30代前半が特に使っているとされています。

WeChat

中国版のLINEといわれているSNSです。日本語を含めた17カ国語が利用できるのが特徴になっています。ユーザー数も9億人以上と多いですが、連絡手段としての役割が大きいので、ビジネスとプライベートの境界が曖昧になりやすいのがデメリットです。アクセス制限やグループ機能を使う必要があるでしょう。

QQ

WeChatにコミュニティやアバターなどの機能がついているイメージのSNSです。日本だとMixiがイメージに近いといえます。ユーザーは6億人以上とされ、よりプライベートで使われている傾向にあるので、BtoCのビジネスモデルやIT企業として中国に進出するなら、活用するメリットが大きいでしょう。

RED

20代から30代の女性に人気のある中国版Instagramです。EC機能が内蔵されているサービスで、爆発的な売上を叩き出すケースもあることで知られています。化粧品などで中国進出するなら、SNSマーケティングに活用するメリットは極めて大きいはずです。

中国進出の支援サービスなら実績ある株式会社K&Lにお任せください

中国でIT企業が躍進した理由や独自の発展を遂げているSNSについて紹介してきましたが、参考になったでしょうか?中国市場はスケールが大きい一方で、ビジネスのスピードも早いのが特徴です。

悠長にしているとあっという間にチャンスを失ってしまうので、手探り状態になるのはもったいないといえます。現地の商習慣などに詳しく、日本企業の中国進出も多数支援している実績のある株式会社K&Lに、ぜひ進出サポートの相談をしてください。

IT企業の中国進出を支援する業者をお探しなら実績がある株式会社K&Lへ

関連記事