中国企業視察や支援を業者に依頼するメリットを解説!業界や業務に合った選び方も紹介

中国進出をお考えの企業様へ

中国企業視察や支援をしてくれる業者をお探しではありませんか?中国は国土も市場も大きくて魅力的ですが、ビジネスの変化が早く、商習慣や文化も日本と異なります。実際、現地の情報を曖昧につかんだまま、日本の常識や感覚で進出しても失敗する可能性が高いです。したがって、中国企業視察や進出支援の業者を活用するのは、堅実な考えといえます。

そこで今回、実際に中国進出の支援をしている業者が、実は種類がある支援業界の実態や、より良い業者の選び方を紹介していきます。最終的に、中国でのビジネスの成功確率と、売上が立つまでの時間をきっと短縮できますので、ぜひ参考にしてください。

中国進出の成功は進出支援業者の活用にあり!メリットを徹底解説

メリットを徹底解説するビジネスマン

中国進出の成功の秘訣は、進出支援業者の活用にあります。なぜなら、参入する業界や地域の入念な調査が中国進出には必須ですが、国内からの調査には限界があり、変化も早いからです。

特に海外展開自体の知見が少ない場合は、何をすればいいのかわからず、時間を浪費してしまいます。そして、先に紹介したとおり中国の変化は早いので、あっという間にチャンスを失ってしまうのです。従って、リサーチは現地に詳しい中国企業視察の専門業者や中国進出の支援業者に依頼するのがおすすめといえます。

株式会社K&Lの場合は、中国で事業をしてきた知見が蓄積されており、普通は紹介できないような企業や機関とも顔つなぎが可能です。中国企業視察から進出の支援まで、ぜひご相談ください。

海外進出の支援業者にも種類がある?支援業者の具体的な種類を解説

上海の街並み

中国進出するにあたってのリサーチを支援業者に依頼するのがおすすめと紹介しましたが、実は支援業者にも種類があります。それぞれ得意不得意がありますので、特徴を紹介していきましょう。

なお、株式会社K&Lは中国でビジネスをしている事業会社でもあるので、以下で紹介する多くの業務が可能です。中国企業視察から戦略立案、法人設立まで、丸ごとお任せください。

事業やマーケティングの支援業者

中国市場や競合を調査、事業の戦略立案、マーケティングなどを得意とする業者です。中国での事業に総合的な提案をしてもらいたい場合は、相談してみるといいでしょう。

税務や会計の支援業者

税務や会計のルールは、当然中国と日本では違いがあり、面倒な実務を代行してもらえる業者となります。例えば、現地法人の設立や経営管理などのタスクの代行が可能です。

投資やM&Aの支援業者

海外進出の一つの手段としてM&Aがありますが、現地とのコネクションが必須なので、専門にしている業者を利用するのが効率的です。先に紹介した税務と会計の支援業者が兼任しているケースも多々あります。

特定地域に強い支援業者

特定地域で築いた人脈を活かして、制度や市場調査をしてくれる業者もあります。中国企業視察なども対応可能です。現地に強力なパートナーがいるのは心強く、キーパーソンとの顔つなぎにも期待できるでしょう。

よい中国進出の支援業者の選び方を解説!進出する業界や必要な業務で見定めよう

多数存在する中国進出の支援業者の中から、よい業者を選び抜く方法を紹介していきます。ポイントは以下の2点です。

  • 中国進出の豊富な実績や成功事例がある
  • 幅広いサービスが提供できる

それぞれの詳細を紹介していきます。

中国進出の豊富な実績や成功事例がある

中国企業視察や戦略立案を依頼する以上、具体的な実績や人脈は必ず確認すべきです。また、業者の実績や成功事例と、自社が進出を検討している業界にミスマッチがないかも確認しましょう。

幅広いサービスが提供できる

一つの支援業者で様々な業務を任せられる方が効率的であり、自社のチームをコア業務に集中させられます。したがって、なるべく多くの業務やスキルを有している支援業者を選ぶのがポイントです。ちなみに、株式会社K&Lは中国企業視察から戦略立案、法人設立業務の代行、ビジネスへの広いアドバイスまで、数多くの業務が可能で実績も豊富にあります。中国進出を本格的に検討しているなら、お気軽にお問い合わせください。

中国企業視察から戦略立案、業務代行まで丸ごと株式会社K&Lにお任せください

中国進出の成功には、進出支援を専門にしている業者を頼るのが近道な理由や業者の種類、おすすめ業者の選び方などを紹介してきましたが、理解は深まったでしょうか?中国市場は魅力的ですが、スケールが大きくて変化が早く、商習慣なども日本と異なります。ぜひ現地に詳しく、進出支援に豊富な実績を有する株式会社K&Lまでご相談ください。

中国企業視察や支援を業者に依頼するなら豊富な実績がある株式会社K&Lへ

関連記事