中国ビジネス視察は業者にお任せ!中国進出に向けた視察ツアーの効果や内容・上海について

中国進出をお考えの企業様へ

中国ビジネス視察を業者に任せようと考えていませんか?中国はビジネスのヒントを得に行く国としても、参入する市場としても魅力的なところです。しかし、いざ視察ツアーを計画すると何をどうすればいいのか、なかなかわからないことでしょう。そして、目的や段取りを曖昧にしてしまって深い経験ができず、時間と費用を無駄にするケースが多いのです。したがって、中国ビジネス視察のツアーを業者に任せるのはいい判断といえます。

今回、視察ツアーや中国進出に慣れている株式会社K&Lが、ツアーの効果や内容、上海について紹介していきますので、ぜひツアーや業者と話を詰めていく際の参考にしてください。

中国ビジネス視察をする効果は大きく分けて3つ!視察ツアーの目的設定に活かそう

電球のイラストを指す手

中国ビジネス視察をして自社に活かせる効果は、主に以下の3つです。

  • 自社の強みと弱みを把握する
  • 成功者の知見を知る
  • 成功する企業文化を知る

それぞれ解説していきますので、視察ツアーの目的設定などに活かしてください。なお、なかなか訪問先が決められない場合や現地での振る舞いに不安を覚える場合もあるでしょう。ぜひ、中国でビジネスをしており、ツアーにも慣れている業者である株式会社K&Lにご相談ください。

自社の強みと弱みを把握する

中国ビジネス視察をすると、否応なく自社との違いがわかります。自社の強みと弱みを把握するのにつながり、もちろんマーケティングや経営企画などに活かせるので、積極的に違いを認識するのがおすすめです。

成功者の知見を知る

成長が著しい中国の中でも、成功している企業の経営層の考え方や体験談などは参考にしたい部分が多いです。キーパーソンと話せる機会があれば、ビジネスの話を振るといいでしょう。

成功する企業文化を知る

成功している企業は、キーパーソン以外の従業員がつくる企業の雰囲気や文化も独特な傾向があります。自社の従業員の満足度やより良い商品開発、営業力強化につなげられないか模索するのがおすすめです。

視察ツアーのよくある内容を紹介!中国進出などの相談にも乗れる業者がおすすめ

中国ビジネス視察のツアーでよくある内容としては、社内見学と講義が一般的なので、それぞれの詳細を解説していきます。なお、中国でビジネスをしている株式会社K&Lは、普通はなかなか訪問できない企業との顔つなぎや中国進出の戦略立案もできる業者ですので、ぜひ気軽にお問い合わせください。

社内見学

社内見学は工場での生産体制や社内の働き方などを視察するのが一般的です。どこまで見て回れるかは、自社と視察企業の結びつきやツアーを依頼した企業次第といえます。中国ビジネス視察の目的が達成できるように、視察企業やツアーを依頼する業者は慎重に選んでください。

講義

講義は多くの場合、社内見学が終わった後にされる場合が多いです。講義の内容は、商品開発の経緯や企業の道のりなどとなります。業者のコネクション次第では、経営層などのキーパーソンから貴重な話を聞ける可能性もあるでしょう。

中国ビジネス視察ツアーで人気の上海はどのような都市?

東方明珠電視塔を含む浦東の夜景

上海は中国を代表する都市の一つで、首都である北京と並んで中国の経済力を支えている中心地であり、視察ツアー先としても人気です。伝統と先進的なイメージが折り重なる都市で、実際高層のマンションやビルが立ち並んでいたり、リニアモーターカーが走っていたりします。

また、高い経済成長性から、ファッションや個人の交通手段が先進的になっており、電動の自転車や車が主流になってきているのです。

そんな上海には、大きな施設も多く、世界で最も広いスターバックスや中国のAmazonともいわれるAlibabaのスーパーマーケットなどがあります。ビジネスで中国進出するなら、現地の生活の把握は非常に重要です。中国に詳しい業者である株式会社K&Lなら詳しい解説ができますので、ぜひ視察ツアーのご相談をしてください。

中国ビジネス視察のツアーや現地市場の解説、中国進出なら株式会社K&Lまで!

中国ビジネス視察のツアーで得られる知見やツアーの内容、上海について紹介してきましたが、疑問は解決できたでしょうか?

実際に視察ツアーを検討し始めると、何をどうすればいいかわからないことも多く、目的を曖昧にすると、深い経験が得られない場合も多々あります。長年の中国との付き合いから、視察ツアーや企業の中国進出の戦略立案に慣れている株式会社K&Lに、ぜひ視察ツアーなどをお任せください。

中国ビジネス視察や中国進出を業者に依頼するなら株式会社K&Lへ

関連記事