中国ビジネス視察の業者が解説する進出計画の立て方!費用を無駄にしない訪問や計画を!

中国進出をお考えの企業様へ

中国ビジネス視察を業者に依頼しようと考えていませんか?中国進出を検討するにあたり、現地の企業を訪問するのは重要です。しかし、前段階として進出計画案の作成や国内での予備調査をするのも重要といえます。基本を押さえて進出を計画することで、成功率が上がり、諸費用や時間を無駄にするリスクを下げられるのです。

そこで今回、中国ビジネス視察の企画や進出の戦略立案を行う株式会社K&Lが、進出計画案や調査などについて解説していきます。進出の成功率アップと作業時間・費用を削減できること間違いなしですので、ぜひ参考にしてください。

中国進出の出発点!進出計画案を作って費用や投資回収の目処を考えよう

企画提案書を書く人

中国進出をするにあたり、はじめに進出目的の明確化と進出計画案を作るのが基本です。基本を守って、海外進出に取り組むことで結果的に最短での成功を目指せます。進出計画案の要件は3つあるので、詳細を説明していきましょう。

なお、進出計画案の次に紹介する中国ビジネス視察を含めて、株式会社K&Lは長年中国でビジネスをしている業者としての知見から、的確なご相談に乗れます。ぜひ成功率のアップのためにご相談ください。

進出先の事情検討

中国を含めて、進出する候補地が複数あるなら、外資規制や政治、人件費、パートナーの有無などを比較しましょう。日系や他国の外資系の企業が進出しているかどうかで、市場があることや参入障壁もわかります。

進出形態を考える

進出先がある程度決まったら、進出する形態を決めていきます。主に拠点と資本を決めるのがメインのタスクです。拠点は、現地で法人を立ち上げるか、国内の支店や駐在員事務所とするかの選択となります。資本は自社のみの独資でいくか、現地企業などとの合算でいくかの選択です。

リスクの検討

商習慣や文化の違いから発生する予想外のトラブルなどを含めて、リスクヘッジが必要です。特に、戦争や政策変更などのカントリーリスクは影響が大きいので、許容範囲と撤退の線引きを明確にしておきましょう。

進出の前準備!国内での予備調査と中国ビジネス視察での現地調査・企業訪問

現地調査の資料

進出計画案ができても、いきなりビジネスを展開しようとせず、計画案の検証を行いましょう。時間と費用を無駄にするリスクが抑えられます。検証で具体的にすることは、国内での予備調査と中国ビジネス視察や企業訪問です。それぞれ具体的に説明していきましょう。

国内での予備調査

計画案を立てたときのリスク調査をより詳細にしていくイメージで、国内での予備調査をしていきます。調査する要素としては、以下が代表的です。

  • 政経と社会情勢
  • 市場の規模や特性、流通事情
  • 労働環境
  • 外資への政策や税制、法務調査
  • 生産関連の状況
  • 競合、業界内構造調査

国内で調べられるだけ調べたら、実際に中国ビジネス視察や現地事情の調査に行きましょう。

中国ビジネス視察

中国ビジネス視察は現地にパートナーがいるなら自社で企画してもいいですが、いない場合は業者に依頼するのがおすすめといえます。というのも、人脈の紹介や市場の説明をしてくれるからです。株式会社K&Lの場合は、実際に中国でビジネスをしている業者なので、中国ビジネス視察の最適化はもちろん、人脈の紹介や進出の戦略立案なども可能です。進出支援やセミナーなども行っておりますので、ぜひ進出関連のお悩みをご相談ください。

海外進出の最終的な意思決定は現地に詳しい業者と行うのがおすすめ

国内での調査や中国ビジネス視察を経て、最終的な意思決定を行いましょう。重要なのは、調査と視察を経て計画や条件を変更する必要があると感じたら、計画案の作成に戻ることです。そして、視察の企画を依頼した企業などに相談に乗ってもらうなどして、成功率を高めつつ、詳細な実行計画を詰めていきます。

社内での担当チームも固め、現地への派遣やオフィスの準備を進めていきましょう。ちなみに、株式会社K&Lは実際に中国で事業をしている業者としての提案ができますので、ぜひ進出業務のご提案をさせてください。

中国進出の予備調査や視察、戦略立案などは丸ごと株式会社K&Lへお任せください

中国進出をするための進出計画案作成や調査、視察・企業訪問、最終的な意思決定について紹介してきましたが、疑問は解決したでしょうか?中国は魅力的な市場ですが、商習慣の違いや政策変更などのリスクもある国です。中国で事業をしており、多くの日本企業や起業家へのセミナーや進出の戦略立案を行う株式会社K&Lに、ぜひ計画のご相談をしてください。

中国ビジネス視察を中国に詳しい業者に依頼するなら株式会社K&Lへ

関連記事