中国の企業視察ツアーで重要なポイント!視察先でのマナーやサービスについて解説

中国進出をお考えの企業様へ

中国への企業視察ツアーを検討しており、現地でのマナーや振る舞いについて判断しかねていませんか?実際、日本では丁寧とされるマナーやビジネスへの対応をしてしまうと、非常に悪い心証を持たれてしまう可能性があります。現地に詳しい人や事前の学習無しで中国の企業視察に行くのは、リスクが大きいといわざるを得ません。

そこで今回、中国で長年ビジネスをしており、ツアーも行う株式会社K&Lが、ツアー前に押さえておきたいマナーやポイントを紹介していきます。不安なく視察先でビジネスの話やサービスを受けられるようになりますので、企業視察ツアー前にぜひ参考にしてください。

中国の企業視察ツアーはまず目的を明確にすることが重要!

浦東のスカイライン

とにかく行けば何か勉強になるだろうし、行かなければ始まらないと考えがちですが、まず中国への視察の目的を明確にするのが重要といえます。というのも、目的を曖昧にしたまま企業視察ツアーに行っても、時間と渡航費用を無駄にする場合が多いのです。

そこで、中国への視察ツアーを行う株式会社K&Lが、渡航の目的を明確化するポイントを3つご紹介します。なお、株式会社K&Lなら企業視察ツアーのプランの提案から、普通なら交流できない企業や機関も視察先に選べますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

企業視察ツアーの目的ポイント(1)ヒト

中国への進出が目的なら、現地の消費志向や価値観の体験はとても重要です。もちろん、常識や商習慣も体験しておくのがいいでしょう。実際にビジネスをするなら、どこの地域や企業と交流を持つべきか考えておくことをおすすめします。

企業視察ツアーの目的ポイント(2)モノ

工場建設や商材の輸出入を考えているなら、コストやリードタイムを把握するのが重要です。ビジネスをする現場で、スケジュール感や品質などを見ることを意識しましょう。

企業視察ツアーの目的ポイント(3)カネ

資金調達や課税の話を聞くのがいいでしょう。特に中国は、法律や政策が変わるケースも多いので、今経済がどうなっているのか、影響は出ているのかを見聞きするのが重要です。

企業視察のマナーを押さえよう!特に視察先ではマナーをわきまえておかないと後に響く

握手をするビジネスマン

先に紹介した企業視察ツアーの目的の明確化とも関連しますが、視察先ではマナーを押さえるのが重要といえます。視察のマナーとは、時間を割いて話や見学をさせてもらっている以上、実利につながる話をすべきということです。

何となく得るものがあればという感覚で企業へ視察に行き、ビジネスの話をふられても困るという態度は、マナー違反となります。相手先の企業は、時間とお金を割いてビジネスの話につながらないようでは、損失を出しているのと一緒なわけです。実際、中国企業は短い期間で成長し、短時間に意思決定します。

したがって、なぜ企業視察に行くのか、企業と何をしたいのかを明確にしておくのが、訪問者としてのマナーなのです。もちろん、相手先の企業のことを知っておく必要があり、話すべき内容にもポイントがあるので、長年中国でビジネスをしている株式会社K&Lに、ぜひご相談ください。

最低限押さえるべき中国のビジネスマナー!もてなしのサービスとビジネスを混同しない

企業視察で中国を訪れる際に、最低限押さえておくべきマナーを3つ紹介します。もちろん現実には、より多くのマナーがあるので、中国に詳しい人がいると心強いでしょう。株式会社K&Lでは、企業視察ツアーから中国進出の実務まで対応しておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

名前を呼ぶときは職位か職種をつける

中国のビジネス現場では、基本的に姓に職位か職種をつけて呼びます。職位か職種がわからないときは先生(シエンション)や女士(ニュウシー)と呼べば問題ありませんが、あらかじめ関係者に確認しておくのがいいです。

食事などは誘ったほうが全額負担

中国では割り勘が一般的ではなく、日本の常識を持ち出して支払いを持ちかけるのは、やめましょう。中国でのマナー違反の度合いとしては、怪訝に思われる程度では済まず、とても印象の悪い行動です。

中国の最大限のサービスは社交辞令

先に紹介した誘ったほうが全額負担とも関連しますが、中国では誘った側が最高のもてなしをするのがマナーです。しかし、サービスはあくまでも社交辞令ですので、ビジネス相手として最大限優遇されているとは考えてはいけません。また、社交の場でビジネスの話を持ちかけるのも失礼なので、視察中にきちんとビジネスの話をしましょう。

中国への企業視察ツアーから進出の戦略立案まで株式会社K&Lにお任せください

中国への企業視察ツアーにおいて、渡航前の目的明確化が重要なことや相手の時間をいたずらに奪わない大切さ、最低限のマナーについて紹介しました。実際に中国へ進出するために企業視察ツアーを検討しだすと、予想以上にわからないことが多く、現地に詳しい案内人が欲しくなることでしょう。

株式会社K&Lは、中国で長年ビジネスをしており、ツアーにも慣れておりますので、ぜひビジネスで結果を出すためにお問い合わせください。

中国の企業視察ツアーを検討している方は株式会社K&Lへ

関連記事