【中国進出】日本企業・事業向けビジネスセミナー|中国進出のメリット・デメリットを解説!

中国進出をお考えの企業様へ

中国進出を視野に入れている経営者の方も多いのではないでしょうか?中国という市場は、人口でいえば世界1位でGDPも世界2位と、日本企業にとっても魅力的です。

しかし、知的財産権が軽視されるケースもある商習慣や短期的な利益で動く場合もある文化など、リスクをはらんでいるのも事実です。したがって中国進出の前に、ビジネスセミナーや現地に詳しいパートナーを得るのは賢い手段といえます。今回、長年中国で事業をしており、進出セミナーも行う株式会社K&Lが中国進出のメリット・デメリットなどを紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

中国進出のメリット3つを解説!何をするにしてもインパクトが大きくなる可能性あり

日本企業が中国進出するメリットとは?

まずはじめに、日本企業が中国進出する代表的なメリットを3つご紹介いたします。中国の経済は世界的に見ても成長が著しく、中国進出を考える日本企業も近年増加傾向にあります。中国進出することで得られるビジネス的なメリットは、主に以下の3点です。

  • 世界1位の人口
  • 天然資源も豊富
  • 市場も人も流動性が高い

それぞれ具体的に紹介していきましょう。なお、メリットを知って中国進出に興味を持ったら、長年中国で事業をしており、日本企業へのビジネスセミナーも行う株式会社K&Lにぜひお問い合わせください。

世界1位の人口

中国の人口は2018年の時点で13億9538万人。世界最大の市場です。さらにGDPも世界第2位で、世界的に不況といわれる中でも、日本や欧米などと比べて高い成長を遂げています。このような環境の中で、年収1,000万円を超える世帯が国内で2割を超えているので、多くのビジネスチャンスがあるといえるでしょう。

天然資源も豊富

中国は国土も広く、実に世界で3番目に大きい国です。広大な土地に豊富な資源があるのが分かっており、特に西武は未開拓で新たな天然資源が産出される可能性もあります。人口のみならず、豊富な天然資源という観点からも、経済がますます伸びていく地力があるのです。

市場も人も流動性が高い

中国市場は流動性が高く、先に紹介した高い経済成長率から、一般の人が事業を行い、一気に資本家になっていくケースが多くあります。このような事業者とともにビジネスができれば大きな利益を獲得できるでしょう。また、中国は人も流動性が高く、世界各国にチャイナタウンがあり、中国で生まれ育った人が大勢います。中国のAmazonともいわれるアリババが大きな成功を収めている要因でもあり、中国国内の人口以上に、中国市場は大きな可能性を持っていると考えていいでしょう。

中国進出の代表的なデメリット3つを紹介!ポイントは貿易摩擦と日本との違い

中国進出の代表的なデメリット

先に日本企業が中国進出を目指したい理由を紹介してきましたが、もちろんデメリットもあります。代表的な日本企業が中国進出するデメリットは、以下のとおりです。

  • 米中貿易戦争
  • 商習慣の違い
  • 文化の違い

マイナスな面を知っておくことで、中国進出後に起こりえる失敗を防ぐこともできます。それぞれ具体的に紹介していきますので、ぜひご参考ください。

米中貿易摩擦

まず米中の貿易摩擦による影響は大きく、今後も勢いを増す可能性が大いにあります。中国の大手通信企業のZTEやHUAWEIが制裁を受けたように、進出してから制裁の影響が出る可能性はあり得ると考えておきましょう。

商習慣の違い

中国に限りませんが、商習慣が日本とは違います。例えば、知的財産権などはきちんと保護されない傾向にあるのは有名です。また、生活インフラの整備が遅れている地域などもありますので、国として勢いがあるからといって、中国全土で同じだろうという感覚は持たないほうがいいでしょう。

文化の違い

商習慣と同じく中国に限りませんが、文化的な違いもリスクになります。例えば、長期的な利益を気にする傾向が日本企業にはありますが、中国は短期的な利益で動く傾向もあります。視点や見解に相違が出る可能性もあるので、現地に詳しいパートナーなどがいるなら大事にした方がいいでしょう。

株式会社K&Lは実際に中国でビジネスを行っており、人脈も自慢ですので、ぜひ進出のご相談からビジネスセミナーの受講までご検討ください。

中国進出のメリット・デメリットの本質とは?

中国進出のメリット・デメリットをご紹介してきましたが、本質は少数の調査やデータのみではわかりません。GDPなどを見ていても、全体が何となく把握できるだけです。実際、中国でビジネスをしていると、産業によって成熟度に相当なバラツキがあるのを感じます。

つまり、成長が鈍化したと感じる分野もあれば、まだまだこれからという分野もあるわけです。こういった側面はなかなか日本国内にいても伝わってきませんし、報道は必ずしも正しくありませんので、事前にビジネスセミナーの受講をおすすめします。長年日本企業の中国進出を手伝い、ビジネスセミナーなども行う株式会社K&Lにぜひお声がけください。

日本企業の中国進出や事業を考えるビジネスセミナーなら株式会社K&Lにお任せ

日本企業や事業が中国に進出するメリットやデメリット、そして本質について解説してきましたが、参考になったでしょうか?中国進出にはチャンスが多くありますが、やはり実際のビジネス現場に詳しいナビゲーターがいるに越したことはありません。

株式会社K&Lでは、中国で実際に事業を行って得た知見を活かして、ビジネスセミナーや事業コンサルティングを展開しております。中国進出に夢を抱く日本企業・事業者様にぴったりのビジネスセミナーとなっていますので、興味のある方はぜひご参加ください。

ビジネスセミナーの開催日時や開催場所、詳細な内容などにつきましてはお電話、またはお問い合わせフォームより承っております。中国進出ビジネスセミナーに関するご質問・ご不明点がございましたら、お気軽にご相談ください。

日本企業の中国進出をお考えならビジネスセミナーなどを行う株式会社K&Lへ

関連記事